天王寺、阿倍野で法律事務所・弁護士なら南大阪法律事務所。JR天王寺駅北口から徒歩3分。

天王寺・阿倍野の南大阪法律事務所への問い合わせ 天王寺・阿倍野の南大阪法律事務所へ電話で問い合わせ

受付:平日午前9時30分〜午後5時30分

事例掲載日:2019年 6月4日

夫からのDV、夫からの暴言を証明するための証拠

質問・概要

夫からのDVや暴言を証明するには、どんなものが必要ですか?

夫からのDV

解答・対応

配偶者からの暴力、DV(ドメスティック・バイオレンス)を証明するものとしては、医師の診断書、暴力を振るわれた体の部位の写真などが有力な証拠となります。

配偶者からの暴言を証明するものとしては、ICレコーダーやスマホなどの録音、メールやLINEのやりとりなどが有力な証拠となります。

それ以外にも、暴力や暴言を受けたことの日記やメモなども、その内容によっては有力な証拠となり得ます。一度、弁護士にご相談ください。

南大阪法律事務所