天王寺、阿倍野で法律事務所・弁護士なら南大阪法律事務所。JR天王寺駅北口から徒歩3分。

天王寺・阿倍野の南大阪法律事務所への問い合わせ 天王寺・阿倍野の南大阪法律事務所へ電話で問い合わせ

受付:平日午前9時30分〜午後5時30分

事例掲載日:2019年 7月8日

身に覚えのない商品の請求書…どうすればいいですか?

質問・概要

高額の化粧品の代金の請求書が届きました。しかし、私には、購入した覚えがありません。請求書には、「一度ご連絡ください」と書かれています。どうすればいいのでしょうか。

身に覚えのない商品の請求書

解答・対応

身に覚えのない商品の代金請求ということであれば、それは架空請求の可能性が高いです。

絶対に支払ってはいけません。

また、「連絡ください」と書かれていても、連絡しない方がいいでしょう。個人情報を相手に知らせることにもなりかねませんし、言葉巧みに支払うよう迫られることもあります。

弁護士や消費者センターにお早めにご相談ください。

南大阪法律事務所