天王寺、阿倍野で法律事務所・弁護士なら南大阪法律事務所。JR天王寺駅北口から徒歩3分。

天王寺・阿倍野の南大阪法律事務所への問い合わせ 天王寺・阿倍野の南大阪法律事務所へ電話で問い合わせ

受付:平日午前9時30分〜午後5時30分

事例掲載日:2019年 7月8日

借地の建物の建て替え 家主が承諾をしてくれない

質問・概要

祖父のころから、借りている借地に家を建てて住んでいましたが、家が老朽化したので立て替えたいと貸主に申し出たところ、建物を建て替えるのであれば借地を明け渡してほしいと言われました。

借地を明け渡さないといけないのでしょうか?

解答・対応

通常は借地契約書に、借地上の建物を増改築する場合には地主の承諾が必要だと記されていることが多いので、地主が承諾してくれない場合に、勝手に建物の増改築をすることはできません。

もっとも、地主が増改築を承諾してくれないときには、

借主は、地主の承諾に代わる裁判所の許可を得ることの申立てをすることができます。

裁判所が許可すれば、地主からの承諾がなくても、建物を建て替えることができますので、借地を明け渡さなくても構いません。

地主との交渉や、裁判所への申し立てなど、一度弁護士にご相談ください。

南大阪法律事務所