天王寺、阿倍野で法律事務所・弁護士なら南大阪法律事務所。JR天王寺駅北口から徒歩3分。

天王寺・阿倍野の南大阪法律事務所への問い合わせ 天王寺・阿倍野の南大阪法律事務所へ電話で問い合わせ

受付:平日午前9時30分〜午後5時30分

事例掲載日:2019年 7月8日

工場が閉鎖、解雇に応じなければならない?

質問・概要

2つあった工場の1つが閉鎖することになり、解雇を通知されました。解雇を受け入れるしかないのでしょうか?

工場が海外移転 解雇に応じなければならない?

解答・対応

工場の1つが閉鎖することになっても、その工場で働く従業員への解雇が、ただちに有効となるわけではありません。

工場閉鎖を理由とする解雇が有効となるためには、いわゆる整理解雇の要件を充たさなければなりません。具体的には、

  • ①人員削減の必要性(解雇によって、人員削減しなければならないほどの業績悪化があるのか)
  • ②解雇回避努力(希望退職の募集や配転など整理解雇を回避するための努力を尽くしたのか)
  • ③人選基準の合理性(解雇する労働者の選定基準が客観的で合理的なのか)
  • ④手続の相当性(説明や協議を尽くしたかどうか)

が必要となります。

整理解雇の要件を充たしているのかどうかなど、一度弁護士にご相談ください。

南大阪法律事務所